托鉢して温泉に入るか!

f0222943_21592100.jpg

f0222943_2159345.jpg

f0222943_2159358.jpg

2012年7月29日(日)

昨晩は三豊市高瀬駅近くの児童公園で野宿、なでしこのスエーデン戦をラジオで聞く。
これから先に大きなスーパーがないので7時開店のイオンでパンを買う、すると所持金が数十円になった。
一昨日、托鉢が上手くいった、それで買い物をした。しかし昨晩のスーパー托鉢は喜捨が1名しかなく、それでも晩飯に弁当買ったものだから、今の金銭状態になった。

9時35分から三豊市三野町あたりの遍路道を托鉢。一部真っ直ぐ続く細い、畑沿いの道があり、古くからの道だと感じられる。

男の人が見えたので、お経を詠ましてもらっているんですが、と私が言った。すると男の人は「かまわんです」といった。しかし私は意味が分からなくて躊躇していると、「いま出かけるところなので」と言う。それで私はありがとうございました、と言って退散した。
玄関でお経を読み始めると、孫だろう赤ちゃんを抱っこしたご婦人が出てきて「お断りしたいんです、子供が・・・」と言われる。
私が声をかけようとすると手をふって「いま出ますんで・・・」
以上、喜捨を断られた人たちである。

私は相手の顔を見なければ、勝手に玄関先で読経を始め、住人が応対に出てこなくても、読経が終われば勝手に、ありがとうございました、と言い頭を下げてから、隣の家に向かうのである。
その家に誰もいなかったり、喜捨するつもりのない人が応対に出ないで黙っている人もいるかも知れない。
ハッキリと托鉢を断ってくれると早く次の家に行けるのでありがたい。

玄関にヨシズを立てかけているので、そのわきで読経を始めた。するとご婦人が出てきて玄関を開け放ち「陰の方でどうぞ」と言われる。読経がすむと冷たい缶コーヒーを差し出され「ここで飲んでください」と言われる。私は、そこでコーヒーを飲み少し話をし、老人ホームの温泉が300円だと教えてもらった。
読経が終わった、玄関の中から人は出てこない。その家を出ると、向かいの作業服の男の人が冷たくないですがとリアルゴールドを1本頂いた。現金の喜捨も頂いた。
ある家の前で草取りしている男女がいた、「ここの家の者ではないのですが?」と言われた。私は、続けてお経を上げさせてもらっているので、と言い玄関に向けて読経した。読経が終わるとその草取りの男性に喜捨を頂いた。
読経が終わると出てきた女性が「うちは宗派が違うんだけど、拝んでくれたから」と喜捨を頂く。
犬が吠えるが、かまわず読経する。家の中から何か声がするが、かまわず読経を続ける。いきなりふすまが開いて「あんたもういいわ」と強い剣幕で言われた、気分を害したのだと私は思い、どうもすいません、と頭を下げた。するとおじいさんは千円札を差し出す。私は分けがわからず、ありがとうございます、と言って直ぐ退散した。
男の人に、作業中にすいません托鉢修行している遍路です、お経を上げさせてもらっています、と声をかける。どうも迷惑そうなので退散しょうとすると、「ちょっと待って、硬いかもしれないけれど」と箱に詰めていた桃を2つ頂いた。

門付けしてきた遍路道は、田んぼも残り、旧くからある広い敷地の農家がある。納屋などがあり立派な瓦屋根の日本家屋である。
一方、最近宅地開発された狭い敷地に、モダンなよく宣伝されているような家もあった。

結局、この日の三野町の門付けは、2時間15分間、門付けして、だいたい9軒からの物品、現金の喜捨があった。千円の喜捨もあり、現金喜捨は2310円となった。

手元に現金があると気分は安定する。さっそく温泉に入ろうと先に進んだ。

目的地は四国88ヶ所霊場第71番弥谷寺で、その寺の登り口に「ふれあいパークみの」と言う道の駅がある。ここに「いやだに温泉」がある。ここは入湯料は千円以上するでしょう、一度地元の回数券を買って入っている人に、券を頂いて入ったことがある。でも私の生活費では入れない額だ。
道の駅の隣にある老人施設に安く入れる温泉があると前から聞いていた。

道の駅の公園で飯を食べてから、さっそく道の駅の先にある老人保険施設みの荘に行った。駐車場を下った建物の一階が温泉の入口であった。
そこまで行って、その温泉は日曜日は休みだと知った。今日は日曜日である、残念である、明日入れば良いとも考えたが、それでは明日托鉢できなくなる。今日は身体を拭いただけで我慢しますか、残念。つぎ風呂に入れる機会は、どこであるだろうか?

以下安い温泉、次回は入るぞ!
◎天然温泉 長寿の湯
(老人保険施設みの荘1F)
定休日 毎週日曜日 祝日は営業
料金 400円
営業時間 午前10時〜午後8時まで60歳以上の方ご利用できます。(食事も安くできると聞いている)

写真は、遍路道で見た稲、穂がでている。
[PR]
by henroseikatu | 2012-07-29 21:59 | 托鉢遍路
<< 初体験 商店街門付け 一昨日 昨日 今日 >>