カテゴリ:四国遍路みちぞい物語( 2 )

四国みちぞい物語

四国遍路みちぞい物語   歩かなければ見れない石碑、案内板より

いまあかす四国遍路の秘密
ついにあきらかになる四国遍路の真実

札所めぐりだけでは知れないこと
四国の大地を足で踏みつけ
四国の大地に寝ころんで

辺路を歩いてこそわかること

そこにはお大師の足跡とともに
在野民衆の生活と民衆英雄の姿が浮かび上がる
辺路には為政者の姿はなかなか残ってはいない

そのうち本に出来たらとも思っていたけれど
  まあ無理そうですし
私の四国遍路 公開します

以下のブログにて公開中
四国遍路みちぞい物語
[PR]
by henroseikatu | 2010-03-18 22:02 | 四国遍路みちぞい物語 | Comments(0)

四国遍路みちぞい物語 目次

四国遍路みちぞい物語
目次 
              
3-4●岩田ツヤ子の碑●[畑の中の遍路道]
6- ●〝徒歩巡拝友の会の歩み〟●
7-8●三木武夫メモリアルパーク●[土成町中央公園周辺案内図]7-8●●[]
10-11●この上に天明義民弥五石門墓●[]
11-12●天然記念物 左右内の一本杉●[]12-13●杖杉庵縁起●[杖杉庵じょうしんあん]
17-18●弘法大師 お杖の水●[]
17-18●史跡旗山●[]日本一の義経騎馬像
23- ●紀州接待講の接待を受ける●[23番薬王寺]
23-24●即身成佛法海上人堂●[]
23-24●佛海庵●
23-24●英霊に奉げる和讃●[佛海庵内]
23-24●椎名の捕鯨山見跡●[]
23-24●室戸青年大師像●[]
24-25●中岡慎太郎銅像●[]
24-25●海洋深層水●[キラメッセ室戸くじら館]
- ●六地蔵尊●[]
26-27●神峯のみち●[四国のみち 案内板]
26-27●手やり石●[]
27- ●神峯山・空と海の展望公園●[]
26-27●神峯のみち●[四国のみち 案内板]
27- ●神峯神社の大樟●[]
27- ●神峯神社本殿●[]
27-28●食わず貝 唐浜化石●[]
27-28●ごめん・なはり線●[]
28- ●大日寺奥の院 爪彫り薬師●[]
35-36●安政地震・津波の碑●[]
36-37●土佐往還「そえみみず」●[]
- ●お雪椿●[]お雪椿(ヤブツバキ)高岡郡窪川町影野
37-38●四万十川、自然に生きる●[四万十大橋のたもと]
37-38●今大師の由来●[伊豆田トンネル前 バス停大師前]
37-38●潮害防備保安林●[大岐浜車道からの進入口]
38-39●足摺臼碆(うすばえ)彼岸の神秘的夕日●[中浜、清水港経由 足摺岬字大戸]
38-39●ウィリアム・ホイットフィールド船長殿●[中の浜]
38-39●十一面観世音菩薩●[叶崎休憩所]
38-39●小才角(こさいつの)●[]
38-39●月山神社●[]
38-39●歴史の人材の里 宿毛●[]
39-40●戸たてずの楠●[歓喜光寺の近く] 40-41●美しきみしょうトッポ話〝九郎おじやん空をとぶ〟●
40-41●美しきみしょうトッポ話〝トッポーこき〟●[]
40-41●柳水(やなぎみず)●[清水大師、柳水大師の道]
40-41●接待松(別称ねぜり松)●[清水大師、柳水大師の道]
40-41●女兵(おんなひょう)さん思案の石●[清水大師、柳水大師の道]
40-41●狸の尾曲がり●[]
40-41●鼻欠けオウマの墓●[]
40-41●クメヒチ屋敷 由来●[]
40-41●へんろ椿●[清水大師さき]
40-41●除災招福大観音之由来●[番外6番龍光院境内墓地 宇和島]
41-42●中山池●[四国の道ぞい]
42-43●島岩記念竹園●[宇和島高等学校]
42-43●杉原千畝 生誕百周年記念樹●[宇和島高等学校]
42-43●古代信仰の広がり●[愛知県歴史文化博物館]
42-43●茶堂●[愛知県歴史文化博物館]
42-43●弘法大師伝説●[愛知県歴史文化博物館]
42-43●真念●[愛知県歴史文化博物館]
42-43●四国遍路の●[愛知県歴史文化博物館]
42-43●衛門三郎(えもんさぶろう)伝説●[愛知県歴史文化博物館]
42-43●四国遍路の発生●[愛知県歴史文化博物館]
43- ●源光山明石寺(43番札所)●[]
43-44●二宮敬作翁 碑文の解説●[43番から下り道、博物館への遊歩道]
43-44●日天月天様●[鳥坂峠越え、遍路道]
43-44●四国霊場十夜ヶ橋●[番外8番永徳寺境内]
43-44●弘法大師御旅所●[番外8番永徳寺十夜ヶ橋下]
43-44?●へんろ道の歌●[44番大宝寺ちかくでた石丸さんにこの歌を教えてもらった。]
44-45●古岩屋不動尊復元縁起●[遍路道沿い]
44-45●八丁坂●[遍路道沿い]
44-45●八丁坂の茶店跡●[尾根との出合い]
45- ●お詣り御苦労さまです●[45番岩屋寺納経所で配布の文書]
45-46●仰西渠●[国道33号に沿って東側、仰西バス停が近い]
45-46●郷土をひらく久万の用水路●
45-46●久万街道●[三坂峠を北に下る遍路道]
45-46●(立寄所)弘法大師の網掛け石●[三坂峠を北に下る車道沿い]
45-46●弘法大師の網掛け石●[三坂峠を北に下り車道沿い]
51- ●弘法大師御尊像●[51番石手寺裏山頂上]
53-54●五右衛門堂ごえもんどう●[]
54- ●越智孫兵衛墓●[54番延命寺山門近く]
54-55●越智孫兵衛通勝翁 越智熊太郎三渓翁 顕彰碑●[54から
58-59●五郎兵衛坂●[58仙遊寺から59国分寺へ向い下り遍路道]
59-60●桜井石風呂●[遍路道からそれ海岸沿い]
59-60●四国遍路にて●[光明寺掲示板より「光明寺だより」]
59-60●御来迎所 文化十四年●[八幡神社すぐ上]
59-60●横峰寺御来光出現●[八幡神社すぐ上]
64- ●「托鉢」と「乞食」の違い●[64番前神寺掲示板]
64-65●若連中建立の遍路石●[11号バイバス沿い、戸川公園てまえ]
64-65●へんろ道とみちしるべ●[若連中建立の遍路石ちかく]
65- ●三角寺、三角の護摩檀●
66-67●鰻淵(おうなぎさん)の伝説●[]
67- ●銭形のいわれ●[67,68の裏山]
67- ●「弓張月」いわれ●[67,68の裏山]
70-71●題 救世義民大西権兵衛辞世之句碑●[本山寺から弥谷寺への車道西側]
70-71●七義民二百年大祭記念碑●[本山寺から弥谷寺への車道西側]
72- ●笠松大師●[曼荼羅寺納経所脇]
75-76●松崎渋右衛門辞世の歌碑●[満濃池湖畔、番外11番そば]
75-76●松波長谷川翁功徳之碑●[満濃池湖畔、番外11番そば]
78-79●旅に良薬あり!●[JRやそば駅から79への上り道沿い]
80-81●衛磨大師●[81番白峰寺登り道、高屋神社入口向い]
83- ●薬師如来縁起●[83番一ノ宮寺境内]
83-84●水を求めて●[香川歴史博物館]
85-86●海女の玉取り伝説●[JR志度駅]
86 ●海女の墓●[寺境内墓地]
86-87●京都中井氏の道標●[鴨部川にかかる長尾橋ちかく]
87-88●手洗鉢の由来●[川原の庵 宝政寺]
87-88●遍路の歴史●[へんろ資料館展示物より]
87-88●今なぜへんろ?●[へんろ資料館展示物より]
87-88●接待●[へんろ資料館展示物より]
87-88●遍路(細川憲哉句集)●[へんろ資料館展示物より]
87-88●猟師の話●[女体山への遍路道]
87-88●太郎兵衛の話●[女体山への遍路道]
88-10●地名と大師のゆらい●[犬塚大師堂]

◎この記録は私が2001年から03年までの二回の結願でノートに書いていたものを中心にしていです。それを後で入力し今回初めてブログに公開します。
 「へんろみち保存協会」の地図で順打ちで歩いたときに、出会える順番を基本に、石碑や案内板の文章を記録しています。

●題の前の数字は札所間を示しています。11-12は11番札所と12番札所への遍路道間にある、石碑案内板を示します。また11- の表示は11番札所境内、山門前、または後背の山など、次の札所への道ではない場所を表します。必ずしも遍路道順に項目の記載がなされていないかも知れません。
●□は判読されない文字や表示できない文字です。
 なるべき元の字体を表示するようにしましたが、旧字、略字などを表示できる字体で表示しています。
[PR]
by henroseikatu | 2010-03-18 21:59 | 四国遍路みちぞい物語 | Comments(0)