「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

早足野宿の遍路さん

12月20日№2
売店の間の東屋にいると、野宿しながら遍路しているという人に会う。今日は八栗寺を早朝に打ってきたと言う。
私はその間に、二泊している。距離を調べると25.8キロある。まあそれぐらい、と思ったが、その間に山もあるんですが。
一日 40キロメートルは普通に歩くそうだ、私は30キロで歩きすぎと思っている。

●●以下、その人の話し●●
今日はケーブル麓駅に野宿していて、朝早く納経所の人が来る前からお参りして、7時前に納経所に行って、八栗寺では今まで時間前だと断られたのですが、今日は、どうぞと納経させてもらいました。もう私たちがお詣りしている間に墨を擦っていたんですね。

四国不動尊36ケ所に朝早く行くと、住職さんがお茶入れてくれて話をさせてもらうことがよくある。不動尊の重ね判は200円だし、88ケ所はいつの間にか300円になってしまった。

火は持たない様にしている。お堂なんかで「火気厳禁」などとしているけれど、意思が弱いから火を持っていればつい使いたくなる。そんなんで宿泊禁止になったらいけないから、火は持たない様にしている。どこのスーパーが安いか分かっているので、そんな所で買い物する。

三十何日かで88ケ所を一周する。道を知っているから、今どこ通ったら早いか分かっているから。テントは持たない内にこもるから。

スーパー等で二時間程、托鉢して必ず納経している。最初に托鉢を教えてくれた人が、お金がないなら托鉢で廻りなさい、でも納経だけは必ずしなさい、と言われた。
●●以上、その人の話し●●
ところで、その人は二人連れ、夫婦だそうだ。遍路の途中で知り合ったのだそうです。

この晩は東屋の下にテントを張って寝た。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-21 02:16 | Comments(0)

大窪寺参拝

12月20日№1
今日の午後2時半に大窪寺に着いた。入れ違いで団体さんが帰った後、静かな本堂で読経した。
その後、野田屋の「満願定食」を注文したが、もう4時で終いで簡単なものしか出来ないということで親子丼を食べた。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-20 17:29 | Comments(0)

志度寺参拝

12月19日(日)その2


歩きだすと寒さしみこんでくる
袖口から
襟足から
服を通り抜け下着の下へ
皮膚から体、骨までしみこんで寒さ
指先が凍える
頬が強ばる
空が白んでくる
回りの畑は白く化粧
昨日泊まった道の駅「源平の里むれ」から歩き出す。

8時前に86番志度寺に着く。
唇が回らない
声がくぐもる
経典をもつ指先が凍えてくる。
ニット帽をぬいでいるものだから頭がスースーする、唱えながら頭を掌でなでまわす

お参り終わり
手をこすり合わせる
頭を両手でなでまわす
耳を摩擦する
冷たい大気
透明な空
太陽が射す
ほっとする光

次の87番長尾寺に向かう。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-19 13:55 | Comments(0)

屋島寺、八栗寺参拝 道の駅「源平の里むれ」泊

f0222943_354485.jpg

f0222943_354438.jpg

f0222943_354428.jpg

12月18日(土)第2報
それから御飯を焚いて昼飯にした。
その後、やっと屋島寺に参拝、大師堂に行くと遍路のK氏が男一人女二人のグループに話しかけて、K氏が先達となり一緒に勤行し始めた。最初に話していたのは「こんだけの人の代参を頼まれています」と束になった納札を見せていたのだ。私は一緒の場所で寝て、彼の話を聞いているから、それは本当のことである。
ただ自分から話すことでも無いと思うが(私にもその話を聞かせてくれた)、托鉢をしないと言うK氏は、こうやって何がしかの喜捨を受け、私が托鉢を生活の糧としていたように生活しているのだろう。(私の想像です)

午後1時に屋島寺を出て、隣の高台を目指す。
ケーブルカー駅から40分かなり急坂を登る、夕陽を背に新造なる出迎え大師を見て、山門をくぐる。3時40分八栗寺に到着。

八栗寺を下り、道の駅「源平の里むれ」に着く。「道の駅でキャンプ・野宿・火気の使用は禁止です。駅長」の表示が施設の随所にある。こんな所にはなるべく泊まりたくはないのだが、他に当ては無いので闇にまぎれ泊まるしかない。

道の駅口上 道の駅「源平の里むれ」は源平屋島合戦の古戦場として有名な高松市牟礼町に位置し、海を望む風光明媚な場所に立地し、隣接する公園と一体となってドライバーだけでなく家族で楽しんで頂ける道の駅を目指しています。
また、「真念堂」という休憩所があって´おもてなし`してくれるそうだ。夕方5時までなので、私はもてなしてもらえなかったが。

公園の方に東屋はあるが、ここにもキャンプ野宿禁止と表示。仕方なく、その東屋にテントを張った。公園を追われ哀れなジプシーは次の町に向かった。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-19 03:54 | Comments(0)

83番一宮寺 屋島の頂上

12月18日(土)第1報
昨日、83番一宮寺の納経にやっと間に合った。(このへんは高松市街)そしてコインランドリーで洗濯してから、銭湯(ぽかぽか温泉)に入り、久しぶりにさっぱりした。
それこら市街中心街に進み、伏石中央公園にテントを張って寝た。

今日は朝起き、屋島に向かった。そして10時には屋島の頂上に着いて、今まで新聞を読んでいました。
昨日の内に以下の文を書いていましたが、送らずしまいでした。
12月17日(金)
大師堂の時計は、あと5分で5時になろうとしていた。私の時計はまだ4時32分だった。まだ時間があると思いながら、本堂で読経していた。

大師堂にいるお寺の人が「まだいいですよ」と言うので気をとりなおして読経した。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-18 11:54 | Comments(0)

宇多津臨海公園 78番郷照寺 79番高照院 81番白峰寺 82番へ山道

12月16日(木)
昨晩はゴールデンタワーの建物陰に寝た。ビルの谷間は遍路ではなく都会の野宿者としての寝場所かも知れない。軒下ではなかったけど、無事テントも濡れず夜を越せた。
宇多津臨海公園のトイレはウォシュレットが付いていて綺麗であった。

78番郷照寺を参拝、本堂も大師堂でも風が吹き抜けて手先は凍えてきた。ローソクはもちろん線香の火も消えてしまう。

79番天皇寺高照院をお参りしてから80番国分寺に向かわず、81番白峰寺に向かう。
何時もは順番通り打つのだけど、別格に行かないし81番から82番へ山を越し、また山を戻り80番へ下るつもりだ。
昔、80番からの「へんろころがし」の上りが辛いものだから、こんな道順をとっていたらしい。

で私が81番白峰寺を出発したのが4時過ぎだっただろうか、82番根香寺に向かい山に入った。どうにか5時半までには車道に出て休憩所の東屋で寝た。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-17 04:19 | Comments(0)

JR琴平駅泊 金倉寺、道隆寺参拝 臨海公園泊

f0222943_4172819.jpg

12月15日(水)
昨晩はに寝た。構内にあるコインロッカーに24時間営業と書いてある。改札口が吹きさらしで暖かいことはない。寝るのに都合の良い、幅広の長椅子が幾つもある。昨日は私を含め三人寝た。みんな寝袋である。内二人が遍路である。
「深夜のコンコース内及びホームでの就寝はご遠慮ください」とは書いてはある。
以前来たときは0時以降は暗くなったのですが、今回は照明が二、三個消えただけで煌々と明かりはついている。

実は、琴平には以前この駅で会った人に再会したくて来ました。その人は分かりやすくハッキリ言ってコジキです。「前は白装束の遍路の姿していたが、こっちの方が貰いが多い」と言っていて、暑くなる時期でしたが、汚れた厚手のズボンをたくしあげていました。
自分から賑やかに話し陽気な人です。一緒に歩いていると、通行人の誰彼となく話しかけていました。知り合いの家に訪ねて行っては物を貰い糧にしているようでした。高松の喫茶店のママに恋していて、高松に通っていると言っていました。
見た目は違いますが、やっていることは托鉢遍路と同じす。

この前は夜明け前、彼が駅に来て休んで(たぶん夜中に歩き回っていた)いた時に会いました。
結局、9時頃まで琴平駅にいましたが、彼には会えずじまいでした。

それから善通寺方面にもどり、札所廻りを続けました。
76番金倉寺77番道隆寺を参り、次の78番郷照寺まで7キロの道を納経の時間に間に合うかと思いながら歩きました。
途中、土器川を越してから旧知の自転車遍路さんが後から来て、しらばく同行しました。私は5時の納経時間を気にしながら早足で自転車と並歩していました。
郷照寺まで1キロの所で4時15分になっていて、自転車の彼は先に行きました。私はそれまでの早足もあり、これから頑張る気力もなく、まともな参拝はできないと思い今日のお参りは諦めました。

その後は、大型店舗の辺りをうろついて、臨海公園に向かいゴールデンタワー近くのビルの谷間にテントを張って寝ました。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-16 04:17 | Comments(0)

72番曼荼羅寺から75番善通寺 金刀比羅宮参拝

f0222943_2175566.jpg

f0222943_2175538.jpg

f0222943_2175546.jpg

12月14日(火)
夜中に雨が降り続いた。4時頃から荷造りをしだした。雨はまた降っていたが、風はやんでいた。6時には雨は上がった。
暗い中を弥谷の道の駅を歩きだした。車道を歩いた。すぐ夜が明けた。行鳥坂峠を越してコンビに寄りゴミを捨てた。
72番曼荼羅寺、73番出釈迦寺を打った。太陽に当たると厚着しているので暑い。2キロほど歩いて74番甲山寺を参拝。

その後、75番善通寺に行く、本堂である金堂に入ると、大きな薬師如来が鎮座している。なかなか近寄りがたい、なかなか見えにくいご本尊が多いなかで、間近に御本尊が拝めるのはありがたい。如来、仏の世界に浸って時を過ごせる。香園寺もそうだけど、じっくり御仏と時を過ごせる空間があると嬉しい。別に勤行などしなくても、静かにそこにいるだけで良いと思う。

そこから7キロ程歩きJR琴平駅に行く。駅前の自転車預かり所にザックを預け夕方4時前から金刀比羅宮に上る。トータル1368段の階段だそうで、おっちゃんはのんびりと上った。
感心したのは、88ヶ所霊場では見られない、統一的なイメージ戦略、若い人をターゲットにした商品開発である
黄色をシンボルカラーにして、「幸福の黄色いお守り」を従来から売っている。黄色地に「しあわせさん こんぴらさん」の横断幕を張っていた。御守りとセットで小さな「こんぴら狗(いぬ)」を売っていたが、私も欲しいと思った、可愛さである。
また境内に銀座資生堂のカフェ&レストランがある。

お寺さんも、魅力ある商品を開発したらどうですかね。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-14 21:07 | Comments(0)

弥谷寺参拝 納経について

f0222943_1901143.jpg

f0222943_1901139.jpg

12月13日その2
午前中に71番弥谷寺に参拝し、戻ってテントの中に籠城した。できたら高齢者施設の温泉に入りたかったが所持金が少ないので諦めた。
雨はほとんどの時間小降りで、時たま降りが強くなる。明日は早朝、雨が多少降っていても出発するつもりだ。テントを二日も張り続けたらひんしゅくもんだからな。

弥谷寺に納経してきた。弥谷寺は、大師堂が奥の院である岩窟と共に一つの建物の中にあり、そこに納経所も同居している。
気の弱い私は、納経所の前を素通りできず重さね判をお願いした。
元々は重ね判で真っ赤になった納経帳に憧れていた。そして御賽銭をあげる習慣のない私にとって、お寺に対して最低限の感謝や布施として納経してきました。
ある時、4番大日寺で自動車できた白装束の遍路さんがいました。本堂、大師堂その他の石仏なども拝み、そのまま山門を抜けて帰ったようです。
それまで納経所に寄るのが当たり前だと思っていましたが、こんなお参りの仕方もあるのかと思いました。お参りの記念証拠などなくても良いとも言えます。
どちらが信仰心が厚いかは分かりません。

今は是非ともに納経はしておきたいとは思ってはいません。
納経の300円より大福餅を食べたい気分にです。
そして托鉢で得たお金を墨書朱印に使うことも躊躇します。
金や食への願望を捨て去り、菩提心だけだったらどうするのでしょうか?
あ・・・仏様はお金なんて持ち歩かないか。
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-13 19:00 | Comments(0)

雲辺寺から本山寺 11日から13日まで

12月13日(月)
おはようございます。
いま弥谷の道の駅にいます。すっかり先に進む事ばかり考えて日記を書く余裕もありません。
新居浜の幸月さん宅に預けていた貴重品も持参していまして、すっかり88番まで行き結願すれば大阪に帰る気分に成っています。
実は新居浜で計三千円の喜捨を受けたし、自分の貯金も一万円下ろして来ました。故に、しばらく托鉢の事を考えずに、先に行く事に集中していました。できたら年内に結願して、大阪に帰りたいです。

11日(土)
66番雲辺寺参拝、ロープウェイ頂上駅前の東屋が無くなっていた。私は暗いなか登って、この東屋で泊まったことが二度はある。土間と基礎のコンクリートは残っているから、東屋が再建されるもしれない。ビバークするなら大師堂下のトイレ並びの「みろくどう?」は夜間でも鍵がかかっていない。
毘沙門展望館はお接待所となり、一階のスペースいっぱいが縁台様になりお茶の用意もされている。訪れる人が少ないようなので弁当を拡げるには好都合。
これは手洗いではありません、飲み水ですの「御手堀の井戸」は凍結ため止水されていた。スノーパークでは降雪機で雪を盛んに積もらせていた。

そのあと、下りは荷の重さもあり足に応えた辛抱だけではいけない歳のことも考えないと。
委細は長くなるので省くが、67番大興寺を参り、観音寺市まで女性と二人連れとなる。その女性になぜか食糧を頂く、頂きなれた私素直に頂く。
その晩、市内に一軒だけ残った銭湯「リフレッシュ共楽」に入る。300円の入浴料金を100円にしてもらう。
その後、銭型の公園の野外ステージの舞台にテントを張って寝た。

12日(日)
汗かきっぱなやし、だったので銭湯は気持ちよかった。そして競輪場の傍にコインランドリーを見つけ洗濯した。一番小さな12kgまでの洗濯機に少々の洗濯物入れて500円払った。

70番本山寺をお参りして、歩き出したのが3時半、歩きへんろ道に入らず車道を歩き、午後9時少し前に弥谷の道の駅に着きテントを張って寝た。

13日(月)
この日記書いているうちに、雨が降りだし、今は本降りになった。

今 6時45分 テントの外を見ると夜は明けている。雨は大したことはない、風が強く吹いてる。
今日はどうするかな?このぐらいの雨のままだったら歩けるのだけど?温泉入るなら65歳に年齢詐称して安く入るかな?
[PR]
by henroseikatu | 2010-12-13 07:16 | Comments(0)