<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

浅き夢すててただただ遍路道

f0222943_4339.jpg

2013年2月2日(土)
浅き夢すててただただ遍路道

携帯が水没から復帰したが、あれ以来使わなくても充電がすぐきれてしまう。わずわらしいので携帯の契約を解除することにした。
無常である。
浅き夢に何時までも酔わず山を越えていこう。


晴天で歩くにはよろしく雑草である


ますますに背筋伸ばして読経する


楽しみは朝日夕日に手を合わせ
ひかりを受けて読経する時


歩み止め心ひらけば
風のためいき葉っぱのささやき


すがりつくものなし
それなりにひとつひとつすてていく
[PR]
by henroseikatu | 2013-02-06 04:03 | 托鉢遍路 | Comments(0)

それぞれのポリシー

2013年2月2日(土)
職業遍路それぞれのポリシー
以下二年位前の話である。
●私がしばらく同行したSさんは、宿毛松田川袂のへんろ小屋で、朝8時頃門付けをしょうとすると、「まだくつろいでいる時間だから托鉢したら迷惑だ、NHKの朝ドラ見て、子供たちが学校に行ってゆっくりしてから、9時前に行ったら早いって怒られるよ。」と言った。
たしか宮崎さんの遍路地図では朝は7時半から托鉢を始めると書いていなかったか。ある人はSさんと同じような理由で8時から托鉢を始めると行った人もいた。
私は門付けは7時半から午前中と考えていたが、今では9時から托鉢をするようにしている。

●「東屋の下にテントは張らない、東屋があっても東屋の隣にテントを張る」と私より年齢がいった先輩Aさんは29番国分寺近くの堤の地蔵尊の隣にテントを張っていた時に話してくれた。
「歩く距離はとても短い」と自分でおっしゃる。昨日泊まったのは土佐山田町松本のへんろ小屋の駐車場だそうである。距離にして5km程度か、このへんろ小屋は「宿泊できません」と但し書きがしてある。
私は露が落ちることもあるし、多くの時は軒下や東屋の下にテントを張ってしまう。多くの場合床にコンクリートを打ってあったりして下からの湿気が上がってこない。
ところが他の使用者のことを考えるとテントを持っているものがへんろ小屋を占領していれば、後からきたテントなしの野宿者の寝場所を奪うことになる。

●一番最初に書いた、宿毛松田川袂のへんろ小屋で私は雪に降られSさんと二泊した。
そこに、Bさんがやってきて、「連泊してはいけない、私はゆっくり進んで次の町に行くけれど連泊はしない」と言う。
確かに、連泊は地元の人に不安を与える。長期間テントを公園等に張り続けて困ったと言う話を聞く。
そのBさん7時にテントを片付ける私たちに「早いなおれはいつも9時までテントの中で休んでいるんだ。」と言う。
へんろ小屋のある場所にもよるけど、街中の川沿い朝晩散歩する人も多いのに、テントは早めにたたんだ方が良いと私は思った。
[PR]
by henroseikatu | 2013-02-06 03:58 | 托鉢遍路 | Comments(0)

ワンデイザックに寝袋、毛布、着替えだけHさんのこと

2013年1月11日(金)


門付けは、遍路道は荒らされていて100円位しか喜捨がないから、遍路道から離れた所に行く。

年寄りの居そうな家を選んで、呼鈴を鳴らし、出てきたら「二、三分お経を詠まして下さい」と言って般若心経を唱える、先方によって般若心経は違うなと思ったら、十二仏真言を唱える。
手元にダイソーで売っている、経本を何冊か持っていて先方の宗派によって読みかえるそうである。訓読般若心経、心経奉讃文、浄土宗経本などの経本を持っていた。
日曜日、休みの日は若い人が会社が休みで家に居るので、普通の日がよい、年寄りしかいないので。また夜間に門付けすることもある。

門付けは七軒位しかいかない、三、四軒で5000円位になれば止める。
お馴染みの家があるんですかと聞いたが、明確な返答はなかった。
◎ワンデイザックに夏用寝袋、毛布、フライシートか入っている。野宿していて、寝袋の上にフライシートを巻くから風が吹いても大丈夫とのこと。
コートの上に、おいずると白衣、金剛杖、笠は竹で文字は書かれていない。
次は金比羅さんに行くと言う、一応歩き遍路であるが、交通機関を使っているようだ。
委細は書かぬが、四国に家があり妻もいて、仕事をすることもあるとのこと。

私の思う遍路や仏教徒との感覚とは違う点がある。これの方が職業遍路の一般的感覚かとも思う。
[PR]
by henroseikatu | 2013-02-06 03:57 | 托鉢遍路 | Comments(0)

素晴らしい先達の作法

f0222943_35657.jpg

2013年1月11日(金)
素晴らしい先達の作法

32番禅師峰寺の本堂、階段をあがり縁側の角から本尊の十二面観音に向かい勤行しょうと、のんびりと身繕いしていた。
ややや!団体さんがやって来た。階段の下でロウソク、線香をあげ、次々に階段を上り交代に賽銭を投げ鈴をならしている。

しょうがない!逃げるにも逃げられず。団体の喧騒が続くなか私は縁側で読経を始めた。
しばらくして、団体さんも読経を始める。私は漢文の前に日本語文も唱えている、それで、やがて団体さんの読経が私に追いついてきて、般若心経が重なりあった。
団体さんの斉唱の読経が私の耳に付き、自分の読経が引っ張られそうであり、自分の読経に身が入らない。
さっさと読経していれば良かった、のんびりと構えているとこんなことになるな、と思っていた。
本堂での勤行を終わり、団体さんが大師堂で読経している間、私は海を眺めて休んだ。団体さんの読経が終わり、私は落ち着いて大師堂で勤行を始めた。

団体さんの読経は斉唱と書いたように、とても揃っていた。そして、先達が黒染めの衣の僧侶であったので私が団体の人に、檀家さんの団体ですかと聞いた。
すると「阪急交通社の逆打ちツアーの8回目だから」と答えてくれた。でも、こんなに揃っているのは始めて聞きました。

団体の読経が終わり、三々五々と移動して去っている間、先達だった僧侶は再び大師堂に手を合わせた後、香炉の中心を占める団体の人々のまだ燃えている線香を香炉の端に揃えて横にしていた。後からのお参りする人のために中心を空けてくれているのである。
このような僧侶が先達だから、読経も皆が揃うように指導されているのだろう。


写真は禅師峰寺の駐車場にある十二面観音像
[PR]
by henroseikatu | 2013-02-06 03:56 | 托鉢遍路 | Comments(0)