「ほっ」と。キャンペーン

<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

えひめ大島 島四国

f0222943_635498.jpg
えひめ大島 島四国
2013年4月30日
f0222943_6354829.jpg
f0222943_6364767.jpg


普段は扉が閉まり人がいない島四国の各札所が一年に一度三日間、納経を受け付ける。堂のご本尊を拝め、地元の人々の接待ある。その行事を「へんろ市」とか「縁日」と呼んでいる。
私は初日、来島海峡大橋の橋の袂の港、下田水(しただみ)の44番から順番に64番まで回った。決めていたので私は勤行を略さず通しで唱えていった。
初日の朝方、今治からのフエリーが着く、下田水の44番は次から次へ小さな札所の敷地に人がやってくる。先達のいるグループは般若心経を唱えていたが、ほとんどの人は手を合わせ頭を下げるだけでお参りをすませている。
白装束で納経する人。賽銭を投げ、手を合わせお参りしている人。地元の子供達は札所を廻り、お菓子や手作りの巾着袋などの接待を受けていた。

札所の世話役の人と一年一度の縁日だけで合う遍路の会話が弾む。また、例年へんろ市だけで合う遍路同士の話も聞いた。
一日目、勤行を時間をかけ省略しないで各札所で続けた、晴れ渡った暑さのせいもあり、夕方には疲れ切っていた。朝方、積極的に挨拶していたが、声が出なくなった、先方から先に挨拶をされるようになった。

徒歩の場合、三日間で満願することになっていた。そうするとどう考えても、時間的に勤行を通しですることは出来ない計算になる。私はそれは違うのではないかと考え、一日目、勤行を省略しないで唱え続けた。なかなかの御修行であった、世話役の話声や喧噪、狭い場所で私だけ長いこと唱え、他のお参りに迷惑になっていたかもしれない。
けれども、その晩「よしうみバラ公園」の東屋の野宿して、同じく野宿した人が「毎年、へんろ市で合う遍路の人がいる」と聞いて、そして昼間しばらく同行したおばあさんが「来年は来れないかもしれない」と各札所の世話役と話し込んでいるのを聞いて、札所でお経を上げることよりも、地元の人や同じ参詣者と話し交流することの方が要だと思った。

二日目は気負わないで、般若心経と真言などだけですませた。どの札所も初日の午前中の混雑に比べ来る人が少なくて、ゆったりとしている。
通常、下田水の44番から順番で回ると説明されているが、一筆書に捕らわれず近くの札所を全て回っている人もいた。
順番に構わず回れば、札所での接待を十分に受けられ世話役との交流ができる。

二日目、順番に74番まで回り納経料がなくなり、今年の島遍路を終えた。
f0222943_6383099.jpg

[PR]
by henroseikatu | 2013-05-01 06:37 | 遍路生活 | Comments(0)