新四国曼茶羅霊場を歩く71日目 76番観音院 77番万福寺 78番東宗院 79番東照寺

新四国曼茶羅霊場を歩く71日目 
2011年 8月13日土 76番観音院 77番万福寺 78番東宗院 79番東照寺
名田橋から北へ進み、高速道路の高架したを越した最初の信号で左に曲がる大きく左にカーブして、大通りを横切り、その後二つ目の信号で左折(角にうどん屋あり)、点滅信号のある小学校角を右折しばらく行くと田圃の向こうに
f0222943_1832549.jpg

76番観音院がある。
f0222943_18295827.jpg

f0222943_18311724.jpg

番犬がよく吠える、なだめようとしたが逃げ隠れする。すると女性が出てきて、ポカリスエットを持って、暑いでしょうと言う。そこで納経帳を預けた。本堂の前で勤行していると犬はまだ吠えていたが、やがて諦めたのか鳴きやんだ。
隣の神社を見ておこうと言ってみると、そこには新四国曼茶羅霊場と書かれ、先達会が奉納した、本尊真言とご詠歌の看板がはってあった。こっちの方で勤行しなくてはいけなかったのか。まあどうでもいいか。

高速高架下までもどる。高架の南側の道路を東に進む。やがて目の前に堤防が見えてくるので、堤防に上がる。車道が堤防の上を通っているが道幅が狭い。堤防の内側、中段にコンクリートの通路が続いている。その上を河口に向けて歩く。四国三郎橋手前で支流の合流で先に行けなくなる。一度堤防の上の車道に上がり、合流の先まで行き、堤防の内側に降りる。今度は地面の上を歩いて行く。
この堤防上の道は歩行者には、はなはだ都合が悪い、道幅がないので車にとってオジャマ虫である。河川敷の中の道は整っていないし、歩道のある幹線道路を迂回した方が良いかもしれない。

吉野川橋を渡る。吉野川橋は長い長い。橋を渡り、その道をそのまま進み次の大きな交差点を渡り、その次の信号の右側に開放的な77番万福寺がある。
f0222943_1834419.jpg

f0222943_18343222.jpg

f0222943_18351825.jpg

f0222943_18354967.jpg


万福寺前の道を南に道なりに進む、国道192号線を横断し新町川を渡り国道438号線を横断し眉山下に行く、右側に78番東宗院がある。
東宗院では東日本大震災の死者をひとり独りを慰霊するため、般若心経を三万回唱えようとしている。
f0222943_18385736.jpg

f0222943_18393482.jpg




万福寺も東宗院もお参りの人が絶えなかった。79番東照寺にくると、本堂の中に人々が集まり何か法要が始まるところだった。東宗院では、やがて終わったけれど、まあお盆ですから、お寺の行事も忙しいでしょう。
f0222943_18402154.jpg

f0222943_1841538.jpg


東照寺の住職に聞くと、この法要は棚経と言い、昔なら各家に行ってお盆のお経をあげるのですが、今はお寺に集まって貰って一緒に唱えているのです、とのことでした。

遍路では有名な、徳島駅前の新町温泉に入った。200円の自動洗濯機があるし、接待でお風呂に入れてくれる。
それから阿波踊りを見て回った。演舞場に入らないと見られないのかと思っていたが、それ以外、町の隅々が舞台となり、各連が交代で踊っている。
[PR]
by henroseikatu | 2011-08-14 16:50 | 新四国曼荼羅霊場 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 新四国曼茶羅霊場を歩く72日目 新四国曼茶羅霊場を歩く70日目... >>