托鉢遍路№005 スーパー托鉢 11月1日2011年 

托鉢遍路№005 スーパー托鉢 11月1日2011年

一昨日は雨で、昨日は山の上で、しばらく托鉢できず、現金がなかった。

83番一宮寺ちかくのスーパーサニーマート円座店で4時から、すっかり暗くなる6時まで2時間托鉢に立ち、2950円の喜捨を頂いた。
千円札の喜捨が二名いらっしゃった。こんないい加減な私に、もったいない思いである。

前回のスーパーの托鉢は同じ時間帯に2時間やって800円であった。

今日位だったら良い時間給に成っているけれど、こんなことは少ない。
スーパーを出入りする多くの人は無関心である。今日は偶然、慈善家が二人もいただけで、この二人に会えなければ950円だったのだ。
ありがたいことである。

今日は十円玉はなかった。百円玉を「少ないですけれど」と言って喜捨してくれる。そんな人々の950円は大切である。

結局は托鉢の収入が私の生活を支えているのだけれど、近頃考えるのは、喜捨の多少に一喜一憂している自分の愚かさである。800円でも生きていけるのに、喜捨が多ければ喜んでいる愚かな私である。
[PR]
by henroseikatu | 2012-02-12 15:39 | 托鉢遍路 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 托鉢遍路№006 中学生の喜捨... 托鉢遍路№004 北風さんは偉... >>