おやすみなし亭で休憩する。

f0222943_5135259.jpg

f0222943_5135340.jpg

2012年11月27日(火)
おやすみなし亭で休憩する。

神山温泉から鬼籠野を通って鮎喰川右岸を下る。徳島刑務所を過ぎ、入田春日橋の先に、大きな風力発電の風車がめだつ「おやすみなし亭」がある。
二畳程の室内、直ぐ側を車が通るのだがドアを占めれば気にならない空間だ。綺麗に片付いている。仏画など手作りの品で飾られている。
この家、屋根以外は廃材を利用しているそうである。

私はポットにお湯が入っていたので、朝炊いておいたご飯をお茶漬けにして食べた。

以下、掲示されていた文章。
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
ここはお遍路さん専用の休憩所です
◎宿泊・仮眠はできません
◎お接待品は自由におとり下さい
◎次の利用者のことを考え、清掃・清潔な運営にご協力下さい
◎この休憩所の運営時間は午前8時から午後5時迄です
◎次の13番大日寺までは約2km.30分の道程です
お遍路さん以外の方の使用は固くお断りします。
◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎◎
冷たい水、みかん、飴が接待品として置いてある。ポットにお湯が入っていて、コーヒーやお茶が飲める。
他にテッシュ、タオル、巾着袋(テッシュ入り)が置いてあった。

風車と太陽で発電した電力だけ使っているらしい、今は冷蔵庫が運転している。夏は扇風機が回っていて、暖房もされるらしい。

「接待のミカンの皮だけゴミ箱に入れて下さい、他のゴミはお持ち帰り下さい」とも書いてあった。
ノートの表に、「感想を書いてくれることが励みです」書いてあり、最新の所に日付だけ書いてあった。設置者が何時も閲覧している様子がうかがえ、何時もは記帳しないが、ここでは乱筆を恐れず記帳した。
後ろから来た遍路さんに休憩を進め、私は大日寺に向かった。
ps,後から考えたら、トイレがないことが気になった。
[PR]
by henroseikatu | 2012-11-28 05:13 | 托鉢遍路 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 素足スリッパ、ザックの遍路 楽しみは雨降りこまれ先を急がず... >>