『句集 風懐に歩三昧 幸月』より 毎日巡礼ヒロユキが気に入った句①

『句集 風懐に歩三昧 幸月』より
      毎日巡礼ヒロユキが気に入った句①

 幸月さんは刑務所から出て新居浜の市営住宅に暮らしていました。私は四国遍路の途中、幸月さんの部屋に何度か一泊させてもらいました。その時に彼の話をいろいろと聞かせてもらいました。
 幸月さんの句集から野宿遍路の生活がわかる句を選んで見ました。
氏素状口を開きし寒蜆 幸月
 最初に発掘したのがこの句です、以前句集を読んだときは眼にはいらず頭に残りませんでした。今回一句一句何度も読み返し発掘しました、幸月さんの境遇が重なり川柳の傑作ではないかとも思います。
 句集が出された時点では幸月さんの過去は明らかになっていません。蜆汁の貝殻を箸でつまみながら「氏素性・・・」という言葉が出てきたのでしょうか、なかなか思いつかないではないでしょうか。
過去があり来世に繋ぐ遍路哉 幸月
 句集の最後の句、来世に繋ぐはずの遍路途中で逮捕→服役となり、出所後は足腰そして心臓も弱ってきて歩き遍路には出られませんでした。でも裁判で被害者から「刑を軽くしてほしい」と言われ、過去の罪を償い、来世へと旅立ったのですから結局は良かったのかもしれません。
 野宿遍路と親しくなっても氏素性など聴かれない、自分も話したくないから人にも聞かない、仏教や信仰の話もほとんどしない、ただの世間話しかしない。
 私は誇れる過去もないし、面白く話すこともできない、無駄話はしない小さな菩薩行(和顔施、これ一っとっても日常続けていくのは難しい)が行えるように勤めながら来世をめざすか。 
               毎日巡礼ヒロユキ

※ワードパットで入力している、句にルビをふりたかったけど出来ず。誰か教えて。       
※氏素状 本来は氏素性の表記が正しいようです、パソコンでは「氏素状」出てこないので分かった私です。 


[PR]
by henroseikatu | 2018-09-28 15:24 | 句集 風懐に歩三昧 幸月 | Comments(0)
名前
URL
削除用パスワード
<< 『句集 風懐に歩三昧 幸月』よ... 草遍路 幸月さん 2018年2... >>